シロアリ・害虫駆除は東亜消毒へお任せください

ハチの怖さって?

ハチについて

ハチについて

近年、ハチの被害が急増しています。元々森に生息していたハチが、人間による宅地開拓で住家を追われ、巣を造る場所を求めて住宅地に現れるようになりました。人から見えない個所(例えば床下・屋根裏など)に巣を造り、知らずに巣に近づいてきた人を襲うケースが多いようです。

ハチの種類

ハチの種類は日本だけでも4,300種いると言われています。しかし、危害を加えるハチは、主にスズメバチ、アシナガバチ、ミツバチなどの仲間に限られます。

被害

痛み

ハチに刺された場合は、痛みや腫れ、熱が出ます。

アレルギー症状

アレルギー体質の方は、発疹や吐き気などを起こすケースがあります。過去に刺された時にジンマシンなどの症状が出たことのある場合は、同種のハチに刺されるとショック症状(アナフィラキシーショック)を起こす可能性があるので注意が必要です。

アレルギー症状

対策

ハチの駆除、巣の除去

ミツバチやアシナガバチは市販の殺虫剤で駆除できます。
しかし、スズメバチの場合は危険なので、専門業者へ依頼しましょう。

メールでのお問い合わせ

巣の撤去・殺虫処理

巣の撤去を行ないます。飛んでいるハチは、ハチ用薬剤で殺虫処理を行ないます。

巣の撤去・殺虫処理

ムカデの生態

ムカデの生態

主に活動する時期は、春から秋にかけて。特に56月頃は産卵期になる為多く発生し、一回に約2050個もの産卵をします。

猛暑の多い8月は、地中や石の下に潜み活動も控えめになりますが、910月頃になると子ムカデが大きく成長し、活動も活発になります。
冬は冬眠しますが、稀に床下等の湿気が多く暖かい場所での活動も見られ1年を通してほぼ活動している事になります。

 

このページの先頭へ

まずはお気軽にお問い合わせください